カテゴリー「苫小牧南高校演劇部について」の4件の記事

2014年3月18日 (火)

Choo・Choo・トレイン・TOM

昔、支笏湖から木を切り出し苫小牧まで運ぶために王子製紙の汽車が走っていました。普通の汽車よりふた回りもみ回りも小さな可愛いアメリカ生まれの蒸気機関車。その名は「山線」。

今も駅近くの、人影もまばらなアカシア公園にポツンと飾ってあります。

今から8年前、苫小牧南高校30周年記念行事の際に、その「山線」を題材に乳井が執筆した台本を、苫南演劇部が体育館いっぱいの来賓・全校生徒の前で上演しました。題名は「Choo・Choo・トレイン・TOM」。最近、DVDを観ました。芝居に心奪われたこともあるが、懐かしくて懐かしくて涙が出ました。みんな本当に歌が上手かった。

そしてそれを今年、ハスカップ演劇祭で子供たちの集団「アトリエシアター」が再演します。

30分ぐらいの子供たち向けの物語を本格的なミュージカルに仕立ててやろう、と思っています。ミュージカルの振付・・・・。うーん、困ったあ・・・・。

4月下旬には子供たちの公募が始まります。(N)

Photo

2014年1月21日 (火)

今年もよろしく。

 Photo


 ご無沙汰していました。

 

 正月早々から講習と部活。その後、ちょっと旅をして17日に帰ってきました。

 そして合同公演練習。そうです、、、第3回目の合同公演の準備がちゃくちゃくと?進んでい

るのです。

 

 今年は3月30日(日)が上演日。昨年までは2月上旬。今のところ、なんとなく昨年までのあ

わただしさがなくのんびりムード。でもまたどこかでスパートがかかるのでしょう。おいおい練

習風景、伝えていきます。今年もよろしくお願いします。(N)

2013年10月14日 (月)

ジャングルジムから次の旅へ

苫南演劇部、地区大会が終わりました。

この1ヶ月、ブログともご無沙汰でした。芝居作りに顧問も没頭していました。

なぜなら生徒が燃えに燃えて頑張っていたら。

顧問の今の一言。「生徒みんなとこうして芝居を作れたのが何よりも楽しかった」。

ひとつの旅が終わり次の旅が始まります。

そうそう、旅といえば、乳井は明日朝6時から見学旅行に出かけます。長崎、大阪、京都。

帰ってきたら、いろんなことが待っていますが、まずは今回の地区大会のジャングルジム

見てください。

Photo

2012年5月29日 (火)

何でもやります苫南演劇部

演劇は演技だけでなく装置、照明、音響など合せた総合芸術。

さらに苫南演劇部は歌、ダンス、作詞作曲もこなします。

生徒一人ひとりの「持てる力」を思う存分発揮し、力合せてステージをつくっていきます。

そんな演劇部の魅力をぜひ知ってください!(乳井)

Runa

Img013