« 初めてのレポート | トップページ | 初めての… »

2013年8月15日 (木)

秋はハスカップ演劇祭

滝先生の詳細レポート、すごいすごい。頑張ってますね。

先生のブロクにもあるように、今日は終戦記念日。苫南で生徒と一緒に初めて作った芝居

「風渡る」もその翌年の芝居「リヨンの子どもたちへ」も第2次世界大戦の時代の話でした。

「平和への希求」それは現代演劇の絶対的なテーマの一つでしょう。みんなで時代を把握

する芝居作りにまた挑戦したいものです。今年千葉県の高校が「リヨンの子どもたちへ」を

発表してくれるそうです。楽しみです。

↓ 夏の九州の旅。知覧特攻基地あとに復元された特攻兵の宿舎

Photo

さて例年10月に開催される苫小牧ハスカップ演劇祭。

苫南演劇部の上演作、お知らせします。

「どよ雨びは晴れ」 作 佐藤奈苗

2004年に丸亀高校が全国大会で上演し、最優秀を得た9人キャストの芝居です。

高校演劇には珍しい三角関係。幼馴染の女子高校生。対立と友情の復活を描く等身代

の物語です。ミヤコ君を演出にたて練習が進んでいます。

日程  10月27日(日)

場所  苫小牧市文化会館

入場料 無料

ぜひたくさんの方々に来ていただきたいと思っています。楽しい芝居です。

↓ 脚本です

Photo_2


 

« 初めてのレポート | トップページ | 初めての… »

苫小牧南高校演劇部の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めてのレポート | トップページ | 初めての… »