« お天気いいネ〓 | トップページ | 健康第一次でいきましょう〓 »

2012年7月31日 (火)

全員が主役であることの意味

 TOMANANは講習や進路ガイダンスなどで集中した練習がなかなかできないでいます。だけど、「恐竜れたー」の最後の詰めの段階。そんなことは言ってられません。そこでの最大の課題は「全員が主役」であるということ。登場人物全員に命があり、人生があり、呼吸をし、感情を移ろわせているということ。そこに気持ちをめぐらして欲しいのです。そこでは先取り演技や段取り演技、感情の消えた演技がどこにもない、隙がないけどのびのびとした舞台が求められます。頑張ろう、こうして芝居を続けていられる喜Photo
びを感じながら。

« お天気いいネ〓 | トップページ | 健康第一次でいきましょう〓 »

苫小牧南高校演劇部の記事」カテゴリの記事